腰痛、肩こりの解消法

いつまでも男らしくいるために~素敵な歳のとりかたのススメ

腰痛、肩こりに悩まされていませんか?

仕事の影響で腰痛や肩こりに悩む方は男女問わずたくさんいらっしゃいます。多くの場合、姿勢の悪さが肩こりや腰痛を引き起こすことが多いのだといいます。仕事や私生活に支障をきたす場合もありますので、早めに対策することが大切です。


同じ姿勢を長時間取ることは危険

肩こりや腰痛を引き起こす原因の一つに、長時間同じ姿勢でいることが挙げられます。デスクワークを主としている職業の方は覚えがあるのではないでしょうか。机に向かって仕事をする場合、どうしても背中が丸まってしまいます。腰や肩に負担がかかる姿勢を長時間続けると、筋肉が凝り固まってしまい、血液の循環を妨げてしまいます。血流が悪くなると老廃物が溜まってしまい、こりや痛みの原因を引き起こします。

腰や肩に負担のかからない姿勢を続ければ、痛みは軽減されますが筋肉が衰えてしまうこともあるようです。筋肉量が減ると、場合によってはヘルニアなど、神経に直接害のある新たな痛みを引き起こしてしまうケースもあります。

ストレスなど、精神的なものが原因で肩こりや腰痛を引き起こすこともあるようです。肩こりや腰痛よりも精神的な問題のほうが大きい場合、体の痛みの解消は二の次になってしまいがち。ストレスを溜めすぎないことは、体のためにも必要だといえそうです。


肩こり、腰痛の有効な解消法とは?

体の不調を放っておくと、疲れた印象を与えてしまいます。若々しい人というのは体も健康である場合が多いのだとか。肩こりや腰痛は職業柄仕方ないからと諦めず、早めに対処しておくことは老化予防にもつながるでしょう。

マッサージや整体は、痛みやこりを直接ほぐすことができるので有効な手段といえます。定期的に通う必要はありますが、痛みの解消には効果があるはずです。自分でできる対処法としては、入浴が有効です。体を温めることで血流が良くなり、痛みが軽減されます。また、適度な運動も肩こりや腰痛には効き目があるでしょう。

姿勢を根本的に改善することも重要です。視力は下がっていないか、目が疲れすぎていないかも注意したほうが良いでしょう。疲れを感じる前に体をほぐすことも、こりを防ぐ有効な方法です。肩を回したり腰を動かしたりといった軽い動きを、できれば30分ごとに行うようにしましょう。


肩こりや腰痛による不調は、時に老化を早めてしまう原因にもなります。長時間同じ姿勢でいる場合はできるだけこまめに体を動かし、こりを予防しましょう。ストレスの溜めすぎも、こりの原因になる場合があるようです。ストレス解消法を見つけることも重要といえます。