見た目を一気に老けさせる、薄毛を食事で撃退 | 食事で内側から男らしさを手に入れる

いつまでも男らしくいるために~素敵な歳のとりかたのススメ

見た目を一気に老けさせる、薄毛を食事で撃退

いくら肌がきれいでファッションが若々しくても、髪の毛がさみしいとどうしても老けて見えてしまいますね。身長と同じく、抜けてしまうものは仕方がないと割り切っている人もいるかもしれません。ですが最近は薄毛に関する研究も進み、色々な方面から改善できる可能性が見えてきました。例えば食事です。薄毛の改善に効果があるとされている食事とは、いったいどのようなものなのでしょうか?


育毛したいならたんぱく質をとろう

髪の毛の主成分はたんぱく質です。そのため髪の毛を作り出す際にもたんぱく質は欠かせない栄養素で、不足してしまうとどうしても細くて弱い、抜けやすい髪の毛になってしまいます。

なので現在髪の毛自体が細、弱くなってきたなと感じている人はたんぱく質を積極的に取り入れるようにしてください。しかしただ単純にたんぱく質をとればいい、ということではありません。しっかりと髪の毛の材料となる、良質なたんぱく質をとらなければいけないのです。髪の毛を作り出すためにはたんぱく質が分解されてできる、必須アミノ酸というものが必要です。この物質は体内で自然にできるものではないため、食事から取り入れなければいけませんので、意識してとらないと不足しやすくなってしまいます。

なので積極的に取り入れるたんぱく質は、体内で必須アミノ酸へと変化するものを中心にとることをおすすめします。大豆や赤身の肉、乳製品や魚介類などに豊富に含まれていますので、カロリーやバランスを考え、じょうずに取り入れるようにしましょう。


男性ホルモンが多すぎても薄毛に

成人してから徐々に薄毛が進行してくる、いわゆるAGAの場合、原因のひとつに男性ホルモンが働きすぎているということがあげられるそうです。実は男性にも量は少ないものの女性ホルモンが存在し、薄毛ではない人は絶妙なバランスが保たれているのだそう。そのため薄毛になってきた、という人はホルモンバランスを整えることを意識し、食事をとるようにしてみてください。

たとえば大豆製品。大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンによく似た性質を持っていることでも有名ですので、男性ホルモンが働きすぎている場合、バランスを整えてくれる作用があるといわれています。さらに髪の毛を作り出す部分を活性化させたり、髪の毛の成長を促してくれたりする作用も持っているそうなので、ぜひ取り入れるようにしましょう。だからといって、とりすぎは禁物です。女性ホルモンが多くなり過ぎてしまうことにもつながりますので、適度に取り入れるようにしましょう。

ですが男性の薄毛は様々な原因が考えられていますので、食事だけで改善できないことももちろんあります。そんなときはAGA治療を行っているクリニックを受診してみるのもおすすめです。治療法の基本は薄毛の原因物質となる男性ホルモンに働きかけ、抜け毛などを促進している物質の生成を阻害する薬を服用しつつ、食生活や生活習慣を見直す方法となります。代表的な治療薬はプロペシアなどがあげられ、医薬品に分類されているので効果は確かなものです。ですがやはりそれだけでは効果を実感できるまでに長い期間が必要になる場合もありますので、薄毛に効果的といわれている食事を取り入れることは必要になってきます。

現在の薄毛の進行具合や髪の毛の状態などによって食事だけでも改善が見込める場合と服用によって治療が必要な場合、それぞれです。いきなりクリニックへ、というとハードルが高いでしょうから、まずは食事で改善に臨んでみてはいかがでしょうか。それでも結果が出ない場合、クリニックへ行って相談してみてください。