体がさびる?活性酸素の怖さ | 食事で内側から男らしさを手に入れる

いつまでも男らしくいるために~素敵な歳のとりかたのススメ

体がさびる?活性酸素の怖さ

活性酸素、という言葉自体は誰しも一度は耳にしたことがあるでしょう。いつまでも若々しさを保つためのアンチエイジングの流行とともに、老化の原因物質として注目され始めています。ですが活性酸素とは具体的にどのようなもので、どんなことが原因で起こるのかご存知ですか?


活性酸素はどうして老化を早めるの?

まずは活性酸素がどうして老化の原因物質、といわれているのかを知りましょう。活性酸素とは体内で発生するもので、その名の通り、酸化作用によって体の細胞を攻撃し、破壊する物質です。そのため肌はもちろんのこと、体中のありとあらゆる部分の老化を早めます。肌を例にあげてみるとハリがなくなりシワが増えてしまったり、シミやソバカスが出たり、といったことがあげられます。ほかにも免疫力が低下し、風邪をひきやすくなったり疲れがとれにくくなる、ということもあるそうです。

人の体は年齢を重ねるとともに肌や髪の毛など、新しく作られるものを作り出す能力が低下していきます。それは誰しもに起こることなので仕方のない部分もあるのですが、活性酸素が多い人と少ない人を比べると、その進行の早さに違いが出てくるそうです。やはり体内に活性酸素が少ない人ほど、いつまでも若々しい見た目を保てますし、はつらつと活動的になれる、といわれています。


活性酸素ができる原因は?

では、活性酸素はどうして発生するのでしょうか?要因は様々ですが、一般的にはストレスや紫外線、喫煙に飲酒が主な原因といわれています。そのためどんなに気を付けていても日常的に活性酸素は生み出されてしまいますので、いかに小まめにケアできるかが老化を食い止めるカギといえるでしょう。

例えば肌の場合は日焼け止めなどで紫外線対策をしっかり行うことで、活性酸素の発生を抑制することができます。ほかにもストレスをできるだけためこまないよう、リフレッシュできる時間を確保する。禁煙や禁酒も非常に効果的ですね。

このように活性酸素の発生をゼロにすることはできないかもしれませんが、日々のちょっとした工夫や努力で限りなく少なくすることは可能です。とくに喫煙の習慣がある場合は活性酸素以外にも様々な病気のリスクを高めてしまいますので、禁煙をぜひおすすめします。最近はどこでも禁煙の兆候が強く、飲食店でも全面禁煙のところが多くなっていますね。屋外でも指定の場所以外では喫煙できない、という地域も多いですので喫煙者にとってはストレスの多い環境になりつつあるはず。吸える場所がない、とイライラするよりはいっそのことタバコをやめてしまった方がストレスなくいられるのではないでしょうか。

そして喫煙や禁酒などとともに、食生活の改善や規則正しい生活を心がけることも、活性酸素を減らすためには重要です。毎日食事を食べる時間や就寝する時間が不規則、という人はそれだけでも体に負担がかかってしまっています。まずは食事と就寝を毎日同じ時間帯にすることから、始めてみてください。体内時計もリセットされるはずですので、朝スッキリと目覚められるようになるはずです。

さらに活性酸素を取り除きたいのであれば、毎日の食事に抗酸化作用をもつ食材を取り入れるのもおすすめ。とくにビタミンCは紫外線、ストレス、喫煙などちょっとしたことですぐに消費される非常に繊細な栄養素のひとつですので、積極的に摂取することをおすすめします。同じように毎日過ごすのにも、ちょっとだけ活性酸素のことを意識し、紫外線対策をしたりストレスをためないようにするだけでもかなり違ってきます。ぜひ発生する原因を知って、日常的に対策を進めていきましょう。