男性特有のニキビを食事で改善 | 食事で内側から男らしさを手に入れる

いつまでも男らしくいるために~素敵な歳のとりかたのススメ

男性特有のニキビを食事で改善

女性に比べて皮脂の分泌量の多い男性の場合、思春期を過ぎてもニキビができやすくなっています。さらに毎日髭を剃ることから肌への負担が大きい割に保湿などのケアをしていない人が多く、肌トラブルを招きやすいのだそう。とはいっても保湿などのスキンケアを始めるとなるとやっぱり面倒ですね。そこで手軽に食事からトラブルを起こしにくい肌作りを始めてみませんか?


肌は食事で作られる

大人になってからのニキビの原因は、皮脂の分泌量が多いことだけでなくストレスや生活習慣、偏った食事など様々なものがあげられます。なのでまずは原因のひとつとなる食事を見直すことで、肌トラブルを起こしにくい肌を作ることができるのです。

皮脂の分泌と食事は密接な関係にあり、食べたものが肌の状態を作るといっても過言ではないほど。そのためどうしても脂っこい食事や脂肪分の多い甘いものなどを好んで食べる人の場合、皮脂の分泌量が増えてしまい、肌トラブルを引き起こしやすくなってしまうのです。

とくに飲みに行く機会が多い、という人は要注意。居酒屋など、酒の席で出されるメニューは脂っこいものが多いですしアルコール自体も脂質が高め。自分ではそこまで食べているつもりはなくとも、かなりの量の脂肪を摂取しているかもしれません。


肌トラブルの改善&予防に効果的な食事は?

では肌トラブルを改善、予防に効果的な食事はどのようなものなのでしょうか。まずはニキビなどができてしまった場合に効果的な食事は、やはりビタミンCを多く含むものがおすすめです。ビタミンCは肌のターンオーバーを促してくれる作用を持っているため、ニキビを治すためには必要不可欠な存在です。そしてニキビに限らず、人の体にいい影響を与えてくれる栄養素の代表格ともいえる存在ですが、体内で作り出すことができないため簡単に不足しがちです。さらに紫外線や熱などにも弱く、喫煙やストレスなどちょっとした習慣によっても破壊されてしまいますので、ニキビができていなくとも積極的に取り入れる方がよいでしょう。また新陳代謝を活発にしてくれる亜鉛や体の中の老廃物を排出してくれる食物繊維もあわせてとるようにすると、よりはやく改善できるそうです。ただ亜鉛は長期間多くとり過ぎてしまうと免疫力が低下するなどの悪影響が出る可能性があるため、とりすぎないように気を付けてください。ビタミンCはかんきつ類や野菜など、亜鉛は牡蠣やブロッコリー、食物繊維はゴボウやレンコン、こんにゃくなどに多く含まれています。

そして肌トラブルを起こさないためには、ビタミンB2とB6がおすすめ。B2はとり過ぎてしまった脂質の代謝を促してくれるとともに、皮脂の分泌をコントロールし、肌のベストな状態に保ってくれる作用があります。そしてB6には肌の生成を促す作用があるため、ターンオーバーが促進されるのだとか。さらに2つの栄養素をバランスよく取り入れる、ということも大事で、ビタミンB2にはB6の働きを活性化させる作用もあるそうです。なのでできるだけ同じタイミングで体内に取り入れることで、より肌トラブルを防ぐ効果をえることができるはず。この2つの栄養素を豊富に含んでいるのが、レバー。なかでも牛のレバーは両方のビタミンが多く含まれていますので、とくに効果的といわれています。豚に比べてくさみも少なく、食べやすくなっていますので、ぜひ取り入れてみてください。

男性の場合中高年から皮脂の分泌量が多くなってくるため、年齢とともに肌トラブルが急激に増える、ということも珍しくないそうです。さらにケアの習慣がない人が多いことから、放置して悪化してしまうことも少なくありません。理想は保湿や洗顔など、女性と同じようにしっかりと行うことですが、そこまではできないという人はぜひ肌トラブルを予防する食事を取り入れ、きれいな肌を目指しましょう。