自分基準で考えるオヤジは嫌われる?

いつまでも男らしくいるために~素敵な歳のとりかたのススメ

自分基準で考えるオヤジは嫌われる?

年齢を重ねると、自分の持つ考えがどうしてもこり固まってしまうものだといいます。時代が変われば考えもかわるもの。自分をしっかり持っていることも大切ですが、それを他人に押し付けるのは良いこととはいえないかもしれません。


「最近の若い奴は…」は禁句

人生の先輩として、部下や後輩の考えの違いや行いが気になってしまったという経験はないでしょうか?そんなとき、「最近の若い奴は…」とつい口から出てしまいそうになるという声が多く聞かれます。

育った環境や時代が違えば、人間性にも違いは出て当然でしょう。自分たちが若い頃も、上司や先輩に「最近の若い奴は」と言われていたのではないでしょうか。きっといい気分はしなかったはずです。自分の時代とは違うからといって頭ごなしに否定するのは良くありません。自分の考えや時代とは違うこと事態は悪いことではありません。まずは一度受け止めてみましょう。


人の話を聞けないオヤジは嫌われる

飲み会の席などで、お酒が入るとつい聞かれてもいないのに自分の自慢話ばかりしてはいませんか?自慢話だけでなく、若いころの苦労話ばかりする人も、好かれる男性とは言えないでしょう。人の話を聞かず、自分の話ばかりしている人は疎まれます。

自分の考えでしか物事を考えられない人も、慕われることはないでしょう。経験値が多い男性は魅力的ですが、自分の経験がすべて正解ではありません。時には変化を受け入れることも重要です。自分自身をきちんと持っていることも大切ですが、新しい意見や時代についていこうとする姿勢も持ちましょう。よく考えず、人の話に流されてころころ意見を変えるのは軽率な印象を与えてしまいますが、どんな意見も頭ごなしに否定するのは若い人から支持を得ることはできないでしょう。

人の話を聞いているかどうかは、相槌を打っているかどうかではありません。きちんと噛み砕いて、自分の中で消化しているかどうかなのだといいます。人の意見に耳を傾けられなくなったら、嫌われるオヤジになってしまうかもしれません。

人の意見に耳を傾けることで、人はいくらでも成長できるものです。若い人の意見だから、自分とは別の考えの人間だからという理由で話を聞かないのは、自分の成長のチャンスをつぶしている可能性もあります。まずは人の話にはどんなことでも耳を傾けてみましょう。

経験が多いことは人としての魅力に繋がります。とはいえ、それが必ずしも正しいとは限りません。自分とは立場の違う人物であったとしても、まずは一度意見に耳を傾けることで、人としての成長にも繋がるでしょう。