老いをはねのけるか、受け入れるか、正解はどちら?

いつまでも男らしくいるために~素敵な歳のとりかたのススメ

老いをはねのけるか、受け入れるか、正解はどちら?

女性は特に、老いを受け入れられない人が多いといいますが、男性もいつまでも若々しくありたいと願う方は多いでしょう。老化に対抗することも大切ですが、老いを受け入れることで魅力が増す場合もあるようです。


年齢を重ねてこそ現れる魅力とは

30代を超え始めると、あちこちで若さが無くなってきたことを痛感するものだといいます。鍛えてもなかなか体が引き締まらなかったり、思うように運動ができなくなっていたり。お腹が出始める、しわが増える、髪が薄くなるといった現象も、老いによって引き起こされることが多いでしょう。

それでも男性は歳を重ねたほうが魅力的だという女性は多いようです。10代20代で経験した失敗や成功を消化して精神的な余裕となって表れ始めるのが30代に入ってからなのだとか。レディーファーストができるようになったり、女性の気持ちが分かるようになったり、相手のペースや感度に合わせた性交渉をしてくれるというイメージもあるようです。

若いころはルックスが良いほうが好まれる傾向にあったかもしれませんが、30代に入ると誰にでも老化が出始めます。内面がより際立つ年代こそ30代からといえるでしょう。

老いに抵抗する気持ちは大切ですが、無理な若作りはかえって悪い印象を与えるもののようです。流行に敏感なのは悪いことではありませんが、10代、20代が使うような言葉遣いをしていたり、文章がきちんとかけなかったりする男性は魅力的とは言えません。歳を重ねると聡明さがより必要になってくるようです。


自分をよく知っていることも魅力の一つ

「いつまでも若いままでいたい」という気持ちは確かに大切です。お腹が出ないように筋トレするのは良いことですし、ファッションに敏感なのも素敵なことでしょう。かといってありのままの自分から目を背けることは少し違うように思います。薄くなった髪を下手に隠そうとすれば余計に不恰好になってしまう場合もあるようです。

自分の魅力も欠点も把握している男性こそ、「かっこいい30代」になれるのではないでしょうか。老いに抵抗する努力も重要ですが、老いを受け入れることで魅力が増す場合もあるといいます。

とはいえ、見た目の老化を少しでも遅らせたいと思うのは自然なことでしょう。髪に関しては自分で解決することが難しい問題です。食生活や生活習慣を改善しても薄毛が進行してしまう場合、専門機関に相談してみるのも良いかもしれません。頭皮に直接アプローチする方法もありますが、プロペシアという内服薬も効果が高いそうです。

体の中からアプローチするため、急に見た目が変わるのではなく、自然に髪が増えるのだといいます。薄毛を隠さずに似合うヘアスタイルを探すことも良いですが、コンプレックスに感じているのならば一度相談してみても良いでしょう。

老いは悪いことばかりではありません。むしろ歳を重ねることで増す魅力もあります。若さを保つ努力も必要ですが、年相応の考えやファッションをするために、今の自分を受け入れることも大切といえそうです。