白髪と薄毛の原因と対策

いつまでも男らしくいるために~素敵な歳のとりかたのススメ

白髪と薄毛を防ぐには

若々しい見た目を保つためには髪は重要なポイントになります。年齢を重ねていても、黒々とした多くの髪を持っている男性は見た目よりも若く見えるものでしょう。妻も、夫にはいつまでも若々しくいてもらいたいと願っているはずです。


白髪になってしまうのはなぜ?

元々黒かった髪が白くなってしまうのは、毛根にあるメラニンを作り出す場所に何らかの異常が発生するためだといいます。若い男性の髪が白くなってしまうのは、ストレスや遺伝が大きな原因なのだとか。突然白髪が増えたという方は、大きなストレスを受けた可能性が大きいようです。

中高年に白髪が増えるのは加齢が大きな理由です。年齢を重ねると、自然にメラニンの量が減少するため白髪になりやすくなってしまいます。加齢により血行が悪くなることで髪に、栄養が十分行きわたらなくなることも原因の一つだと言えます。

白髪にならないようにするためには、食生活の改善が有効のようです。カルシウムや銅、亜鉛といった栄養素は白髪予防に役立つ栄養素。バランスのとれた食事は体を健康に保つためではなく、白髪を抑制する効果があるといえそうです。


薄毛も遺伝だけが原因ではない

薄毛はよく遺伝が原因だと言われますが、それ以外にもさまざまな原因があります。食生活やストレス、アルコールや喫煙も薄毛や抜け毛の原因になります。健康的な食生活や生活習慣を心掛けることは、薄毛や抜け毛にも効果的といえそうです。

その他には、更年期によるホルモンの増減が男性・女性共に薄毛や白髪の原因となります。アメリカなどでは、更年期にナチュラルホルモン補充療法という方法があり、毛髪を美しく保つ方法として、行われています。

正しいヘアケアの方法を身に付けることも、髪のためには必要なことといえるでしょう。不衛生にしておくのもよくありませんが、シャンプーを十分に洗い流さなかったり、パーマをかけすぎたりすることも髪に大きな負担をかけます。自分自身にストレスを与えないことも大切ですが、頭皮にもストレスを与えないようにすることが重要です。

白髪は染めることで対策を採ることができますが、薄毛や抜け毛は簡単に解決できる問題ではありません。あれこれ試してみることも大切ですが、場合によっては悪化させてしまう事態にも繋がりかねないでしょう。

最近は男性用のヘルスケアクリニックも増えてきているといいます。一度そうした医療機関を受診してみてはいかがでしょうか?患部にアプローチするものだけでなく、薄毛や抜け毛に有効な内服薬もあり、プロペシアはその代表で、服用することで改善が期待できるといいます。自然に増加しますので、周りにも気づかれにくいようです。更に近々ファイザー製薬からプロペシアのジェネリックが登場するそうです。ファイザーが2015年2月19日にプロペシアのジェネリック医薬品の製造販売承認を日本の厚労省から取得したとありますので、間違いない情報です。詳細は以下の医療機関のサイトを見て下さい。一人で悩まず、まずはプロに相談してみましょう。
参考→プロペシアのジェネリック医薬品について【浜松町第一クリニック】

髪の量や色は、若い印象を与えるために重要なポイントになるでしょう。加齢だけでなく、生活習慣やストレスも白髪や薄毛の原因になります。まずは自分のライフスタイルを振り返ってみましょう。それでも改善しない場合は、専門家に相談してみるのも一つの手段です。