初心者向け男性スキンケア | 男性もスキンケアをする時代

いつまでも男らしくいるために~素敵な歳のとりかたのススメ

初心者向け男性スキンケア

男がスキンケアなんて女みたいで無理だ! という方は時代遅れと言ってもいいでしょう。現代は男性も女性と変わらずスキンケアする時代になりました。実は女性よりも男性の肌のほうがデリケートってご存知でしたか? 今回はそんなスキンケア初心者の男性のためになるスキンケアアドバイスをご紹介します。


男性の肌はダメージを受けやすい

何も手入れをしないことが当たり前と思って過ごしてきたから気づかなかった、という男性がとても多いようですが、男性は、女性と違い髭剃りなどをするため肌ダメージを毎日受けています。中には、髭剃りすることと洗顔すること以外何もしていないという男性が多いようです。肌がカサカサしたり粉がふいたりすることは自覚しているのに、何も手入れをしなければ、一気に肌のダメージがひどくなる可能性がありますよ。


男性の肌質

男性の肌質が女性と大きく違うところは、女性に比べて「水分量が40%ほど少ない」「皮脂量は2倍多い」という結果がでています。男性の肌がベタベタしているのは、何も手入れをしないからなんですね。ベタベタしているのにカサカサしているという状態です。お世辞にも見た目が清潔とは言い切れないので、なんのケアもしていない男性は女性のみならず、仕事で接する人にも不快感を与える可能性が高いのです。


やっぱり大事なのは洗顔

女性たちの間ではすでに当たり前のこととして知られていますが、洗顔は美肌を保つために大きな鍵をにぎっています。洗顔は朝起きたとき、夜お風呂に入るとき、この2回は必ず実践してください。そしてぬるま湯を使うことで肌に与えるダメージを減らすことができます。オススメの水温は人肌です。冷たくもなく、熱すぎないぐらいがちょうどいい温度です。洗顔石けんはしっかりあわ立てて、ごしごし強くこすらずに、泡をやさしく肌の上で滑らすように洗うのがコツです。


洗顔のあと後は化粧水と乳液で肌を整える

洗顔で肌の汚れを綺麗にしたあとは、化粧水と乳液で肌を整えます。手で直接つけてもいいですが、面倒でなければコットンを使うといいですね。脂っぽくなる部分は水分不足になっているので、たっぷりと化粧水を付けてください。その後、乳液やクリームで水分が逃げないようにカバーします。


正しい髭剃りのやり方

洗顔したあと、肌が濡れた状態のときに専用のシェービングクリームをたっぷりのせます。髭が濃くて硬い方は、蒸しタオルなどで髭をやわらかくしておくと肌ダメージを軽減できます。電気かみそりを使うときはプレシェーブを使うことをオススメします。髭剃りのあとは肌を保護するために化粧水、乳液で肌を整えます。アフターシェーブローションもオススメです。 いかがでしょうか。これまでスキンケアをしてこなかった人にしてみれば面倒に思うかもしれませんが、毎日続けることで肌質が劇的に変化することを実感できるはずです。脂ぎってベタベタの肌だった昔の自分が嫌になるぐらい、肌状態が整うことがこんなにも気持ちがいいものなのか、と驚くことでしょう。スキンケア商品はいろんなタイプがあるので、自分の肌質に合うタイプを使い続けてくださいね。季節ごとに使い分けてもいいでしょう。