若ぶらない年相応のファッションをしよう

いつまでも男らしくいるために~素敵な歳のとりかたのススメ

若ぶらない年相応のファッションをしよう

見た目の印象は洋服で大きく左右されます。ファッションセンスが良ければそれだけでかっこよく見えたりするものなのだとか。若々しく見えるかどうかも、服の選び方で変わるものでしょう。とはいえ、無理な若作りをした格好は逆に老けて見えてしまうこともあるようです。


流行を追った若ぶったファッションはNG

男性にとっても、若さは永遠のテーマかもしれません。歳を重ねたことで渋みや厚みが増す一方、体力や体が衰えていくことに危機感を抱く男性も多いのではないでしょうか。「若々しく見られたいから」といって、年下の間で流行っているファッションをすればいいかといわれれば、それは違うようです。

Tシャツ一枚をとっても、若い年代をターゲットに作られた洋服は丈が短めだったり、胸や胴回りがぴったりするように作られていたりします。体に自信が無くなり始める30代以降の男性が若者向けのファッションをすると不恰好になってしまうことが多いのは、体型に合っていないことも理由です。

30代以降をターゲットにした洋服は、ゆったり感を持たせながらも引き締まった体に見えるデザインになっている場合が多いようです。一見同じように見える服でも、年代によってパターンを変えてあるため、年相応の洋服を身にまとうことでむしろ若々しく見える場合もあります。


安いのは必ずしもいけないわけではない

年齢を重ねると、それなりに高い服を身に付けなければいけないと思う男性は多いようです。服装で頼りになりそうかどうかを判断する女性もいます。身なりがちゃんとしている男性には、信頼できるのではと思うもの。あまりに質の悪いものはみすぼらしく見えてしまうこともありますが、必ずしも全身高いものばかりを身に付ける必要はありません。

最近は男性向けのファストファッションも増えてきています。一部にそうした安価な洋服を取り入れても良いでしょう。とはいえ、全身をファストファッションで統一するのは考え物です。若々しさを通り越して中学生のようなファッションにもなりかねません。ジャケットだけは良いものを着たり、靴だけは自信のあるものを履いたり、時計はブランドの物を身に付けたりすることで印象が大きく変わるものだそうです。

ずっと同じブランドの洋服を着ていたことで、新しい恰好に抵抗があるという方もいるでしょう。大きなショップの場合、姉妹ブランドや別世代をターゲットにした同じテイストのブランドを展開していることもあります。自分らしいテイストを保ったまま年相応のファッションをすることも可能かもしれません。

歳を重ねるにつれ、ファッションも徐々に年相応の物にシフトチェンジしたほうがより若々しく見える場合もあるようです。必ずしもまったく違ったテイストに変えなければいけないわけではありませんが、流行に流されるような若者ファッションは卒業したほうが良いでしょう。